お盆

お盆

ニートになりたい社会人1年目がいろいろ書くブログ

《朝活》実際やってみて感じたメリットやそのコツを紹介

f:id:wmasa:20170629211521p:plain

こんにちは、おぼんです

皆さんは朝活をやっていますか?

僕は今年の4月からこれをやっています。

これには様々なメリットがあると言われています。

今回は、実際に朝活を経験してみて感じた、
メリットを紹介したいと思います。

朝活とは

そもそも朝活とはなんぞやと思い、 調べてみました。

その結果を要約すると、 いつもより朝早く起きて、何かやる です。

この何かとは、趣味や勉強、運動などなんでも構いません。

最近では朝活交流会なるものもあるらしいです。

朝活の流れ

僕がやっている朝活のスケジュールについて紹介します。

起床時刻 … 5:00
通勤時間 … 1時間半
会社最寄り駅到着時刻 … 7:30
朝活の時間 … 1時間
始業時刻 … 9:00

僕の場合、自宅で朝活をするのではなく早く会社に向かい、
始業までの約1時間ほどやっています。

朝活のメリット

夜よりも集中力が高まる

人間はもともと朝方の生き物だと言われているので、
何をするにしても捗ります。

夜更かししないで済む

朝早く起きることにより自然と眠くなり、
寝つきが良くなります。

肌が綺麗になる

朝活をすることにより規則正しい生活習慣となるので、
肌荒れがなくなりました。

満員電車に乗らないで済む

通勤ラッシュ時よりも早い時間帯の電車に乗るので、
押しつぶされることがありません。
座ることもできます。

その日の予定に左右されずに、時間を確保することができる。

時には、どうしても帰宅時間が遅くなってしまう日があると思 います。
その場合、帰宅してから取れる自由な時間が短くなってしまいます。
これは、勉強や趣味に当てる時間が短くなってしまっているということです。
もしそこで朝活をやっていると、
たとえ帰宅時間が遅くなっても既に朝やりたいことを行えているので、
支障がありません。

デメリット

眠い

これの原因は無理をして起きた場合だと思います。

どうしても就寝時間が遅くなってしまう日もあると思います。
そのような時に、無理をして早起きをすると朝活を苦痛に感じてしまったり、
その日1日のパフォーマンスが悪くなってしまう事があります。

なので、そのときの状態によっては朝活をお休みし、
無理をしないことで、この 眠いというデメリットは解消されます。

朝活をするときのマイルール

僕は、朝活をするにあたって、
3つのルールを決めています。

こうすることによって、
三度の飯より睡眠が好きな僕が早起きをできるようになりました。

なので、もしこれから朝活をやろうと思っている方がいたら、
参考にしていただけたらなと思います。

前日の夜の準備

朝やることを決めておく

メモなどに書いておくと、なおいいと思います。
そうすることにより、 朝起きてから何をするか考えることがなくなり、
すぐに行動に移すことができます。

早く寝る

やはり、早く寝ないと朝は辛いです。
朝起きるのが辛いという方は、早寝をしてみてください。
そうすると、早起きが辛くなくなります。

休日も早起き

早起きとは言っても5時に起きているというわけではないです。
僕の場合は9時までに起きるようにしています。
学生の時は午後まで寝ていたので、
それに比べるとかなり早起きです。
休日も早く起きることにより、
それが習慣化されます。

朝活をやってよかったこと

まず、朝活を始めて良かったか悪かったかですが、
僕は良かったと思っています。
そして、これからも継続してやっていこうとも思っています。

その理由は2つあります。

満員電車に乗らないで済む

僕は、もともと朝活をやるためではなく、
満員電車に乗るのが嫌で早起きを始めました。

通勤時間の大半が電車で、
この間ずっと満員かと思うと苦痛だったからです。

これを回避するために早起きを始めたら、
朝時間に余裕ができ、朝活をやるようになりました。

夜よりも集中できる

これは嘘かと思うかもしれませんが本当です。

夜帰宅してから勉強をしたり記事を考えると、
1日の疲労が溜まっているのでなかなか集中できません。

しかし、朝だとまだ疲労が溜まる前なので、
集中が途切れずに取り組むことができるようになりました。

僕は、これらの理由から朝活を始めてよかったと感じています。

皆さんも朝活を始めてみてはいかがでしょうか。

お勧めです。