お盆

お盆

ニートになりたい社会人1年目がいろいろ書くブログ

【学生時代の後悔】社会人1年目の僕が学生のときにやっておけばよかったと後悔したこと。

f:id:wmasa:20170705204902p:plain
こんにちは、おぼんです。


僕は、今年の春に大学を卒業し、
社会人となりました。



社会人になってまだほんの数ヶ月ですが、
あ〜大学生のときあれやっておけばよかった〜
とか
あ〜めちゃくちゃ時間無駄に使ってたな〜
とか思ってます。


今更そんなこと思っても遅いんですけどね。


そこで今回は、僕が学生時代にどのような生活をしていたのかと、
そのときにやっておけばよかったと後悔したことについて書きたいと思います。


是非、現役の大学生や進学を考えている高校生に読んでもらいたいです。



目次


僕の学生生活

例えるならナマケモノみたいな生活をしてました。
必要最低限のことだけこなし、
あとはひたすらダラダラしていました。


1年

通学時間が1時間半で、
サークルに入ると帰宅時間が遅くなりそれが嫌でどこにも入りませんでした。
講義に関しては、3分の2以上出席していないと試験を受ける権利が剥奪されるというルールだったのでそれだけは守り、
逆に言えば3分の1は絶対に休むようにしていました。
怠け癖ですね。
休んだ日の講義内容は、
知らない人にお願いしてノートを見せてもらっていました。
図々しい奴ですね。


2年

1年とほぼ同じ感じです。
唯一変わったことといえば、
少し友達ができました。


3年

大学生活の中で1番楽しかった時期です。
この頃から単位に余裕ができてきて、講義数が少なくなりました。
後期は週2で通っていました。
ということは時間が有り余っていますね。
その有り余っている時間に僕は何をしていたかというと、
基本家でゴロゴロしていました。
勿体無い!!!!!
たまに外出するときは友人と遊ぶ時かバイトで、
あとは何もせずに家でゴロゴロ。
あ〜今思うとほんっっっっと時間を無駄に使っていました。
この時間でいろいろなことができたはずです。


4年

単位は3年で全て取り終えたので講義はありませんでした。
大学へは就活関係で用があるときにしか行きませんでした。
その就活は6月で終了。
なので6月から卒業までは、
実質フリーターみたいな感じでした。
この時期に、僕はえげつない腰痛に襲われました。
心配になり病院に行くとヘルニア予備軍と診断されました。
先生には、若いのに体動かさなさすぎ運動してなさすぎと半ギレで言われ、
僕の怠けに怠けた大学生活が主な原因だと思われます。


こんな感じで、僕の大学生活は最低限やるべきことはやりましたが、
それ以上のことは何もせずにダラダラしていました。
そして、その結果ヘルニア予備軍になりました。




僕の後悔

社会人になり、そんな怠けた学生生活を振り返って後悔したこと。


英語の勉強

中学生の時から苦手で、
もう諦めて学ぶことを放棄してました。
社会人になって使う使わないは職種によると思いますが、
できないよりはできていた方がいいですし、
もっと高みを目指すこともできると思います。
あと、海外旅行に気軽に行けます。


出かける

僕はできるだけ家から出たくない人間です。
外に出るのがめんどくさいので。
なので行きたい場所があっても実際にそこに行くことは少なかったです。
それを、今になってやっぱり行っておけばよかったと後悔しています。


サックス

ジャズにハマり、その影響で少しだけ練習していた時期があります。
そのときは、仲良くなった先生がサックス経験者で、
その人に個人的に教わっていました。
しかし、夏季休暇をきっかけに練習することが少なくなってしまい、
そのままやめてしまいました。




後悔のない生き方をするために

後悔が全くない生き方をすることは不可能に近いですが、
それをできるだけしないようにする方法はあります。
それは、思い立ったことはめんどくさがらずに積極的に行動に移すことです。


社会人に自由な時間が全くないというわけではないですが、
学生の方が圧倒的にその時間が多いです。

学生時代の私は、その時間があるのが当たり前に感じていて、
ダラダラしていても何も感じませんでした。

その結果、今はもっと時間を有効的に使えばよかった、
めんどくさがらずにやりたいと思ったことをやればよかったと後悔しています。

めんどくさがらずにもっと積極的に行動に移していれば、
もしかしたら今あげた後悔はしていなかったかもしれません。

なので、僕は思い立ったことは行動に移すことが大切だと感じました。


現在学生の方は、今ある自由な時間が当たり前だと思わず、
有効的に使うことを意識していてはいかがでしょうか。

僕みたいな後悔をしないためにも…