お盆

お盆

ニートになりたい社会人1年目がいろいろ書くブログ

僕はニートになりたいです



ニートになりたいと思っている。


これからSEとして頑張ります!的なことを書いた後に、こんなことを書くのはおかしな話だと思う。


この気持ちは嘘ではないけれど、本当の本当の本当の本心は
ニートになりたい!
家から出たくない!



それでも普通に就職した理由は、ニートになるのは親に申し訳ないって気持ちがあったから。


親が許すならニートになりたいと思っていた。


もちろんそんなことは許すはずがなかったので、就職活動自体は普通にやっていた。
そのときは、このまま真面目に就職活動をやって1社も内定が出なければ、親に文句を言われずにニートになれるんじゃないかとか考えていた。




中学生のときも高校生のときも大学生のときも、学校ってめんどくさ〜と思いながら通っていた。
我ながらよく卒業できたなと思っている。


そして、今は会社に行くのめんどくさ〜と思っている。


別に働きたくないわけではない。
家から出たくないからだ。


こんなので会社勤めを続けることができるのだろうか。




自分が、今まで学校を卒業できてきた要因を考えてみる。


1番は、計画的にサボっていたからだと思う。
中学は2週間に1日のペース。
高校は1学期に2日のペース。
大学はそもそも休みが多かったのと、さらに卒業に問題ない範囲でサボっていた。


基本的に家から出たくない僕からしたら、大学生活は天国だった。


このサボり癖が、今自分の首を絞めている。

会社勤めだと簡単にはサボれない。
それだけでなく週5日オフィスに通わなければならないし、1日約8時間拘束される。
1年目は残業をさせない方針らしく、今はこの時間だが、来年からはもっと長くなるだろう。
それに通勤時間を合わせるとさらに長くなる。


通勤時間は引っ越せばどうにかなるかもしれない。
ただ、最低でも週40時間を会社に拘束されて、その生活を定年まで続けることは、僕には無理かもしれない。




最近家で働きたいと思うようになってきた。
僕がニートになりたい理由は、家から出たくないから。
しかし、ニートになるのは親に申し訳ない。


この2つの気持ちの、いい感じの落とし所を考えてみて、家で働けばいいんじゃないかと思った。


難しいことだとは思うけれど。





やっぱりニートになりたいぃぃぃ